みらいの食を支える育種フォーラム
みらいの食を支える育種フォーラム
みらいの食を支える育種フォーラム
みらいの食を支える育種フォーラム

About

近年、技術開発が目覚ましい進展を遂げつつあるゲノム編集育種について、これに関わる開発者及び植物育種関連業者のみならず、農業者、流通業者、広報関係者及び消費者等が「ゆるやか」に連携し、ゲノム編集育種についての活発な情報交換と積極的な情報発信等を行うことで、我が国におけるゲノム編集育種の理解増進に寄与することを目的に、筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)が中心となり、平成30年5月に「ゲノム編集育種を考えるネットワーク」を設立しました。

"Network for Breeding by Genome Editing" was established in May 2018, mainly by University of Tsukuba (Tsukuba Plant Innovation Research Center (T-PIRC).The Network is a place where cooperate "loosely" not only developers and breeders involved in genome editing breeding, but also agricultural producers, distributors, public relations officials, consumers etc. The purpose of the Society is to contribute toward a better understanding of genome editing breeding in Japan by networking and information exchanging among its stakeholders and dissemination.